ウェブページ

タイトルバナー

  • リンクの際にお使い下さい
無料ブログはココログ

カテゴリー「釣り場別へらぶなたち」の10件の記事

2009年4月13日

やられたー (゚ー゚;

0001出ました~、琵琶湖で50上!!!

ゆうげきさん、おめでとうございます。 出勤回数の少ない中、さすがです。。。\(;゚∇゚)/

餌撒き部隊のみなさん(もちろん私も!)、カメラマンのへらとっさん、まさに「やられたー」って感じでお疲れさまです。

2匹目のドジョウを狙って、またみんなで餌撒きだぁ~~

2008年9月30日

小森ダムのへら

Komori釣友がゲットした小森ダムのへらぶなです。

私はこのダムと相性が悪く(肩から先の問題か…?)、未だ型を見たことがありません。 (;д;)

このダム湖も透明度が高く、釣れる前はエサの周りを魚が泳ぐのが見えるのだそうです。

水位の増減が激しい上に雨天がチャンスという、タイミングがなかなか合わない難しいダムです。おまけに死ぬほど遠い!

はよ、1枚釣ってみたいです。

2008年9月28日

琵琶湖のへら-3

Resize01361当ブログにコメント頂く「きこりさん」が、8月13日にゲットされた49.5㎝のデカへらです。現認係 兼 カメラマンを務めさせてさせて頂きました。アリガトウゴザイマ~ス (@Д@;

「琵琶湖の××という所で、へらが釣れる」という非常に曖昧な情報だけを頼りに、ノーピクを繰り返しながら釣期を特定し、横波で転覆しそうになりながらドボンで水深を測り。。。苦労の末、足掛け6年目でやっと出た49㎝台です。

本当におめでとうござんすぅ!!!

デジカメを忘れたのでナイロン袋でキープして翌朝に携帯で撮影したのですが、やっぱり魚が痛んでしまいました… ゚゚(´O`)°゚

洗濯ネット・ナイロン袋など色々試しましたが、どれもイマイチです。即撮影・即リリースを心掛けていますが、ボート釣りではそれが難しい。

デッカイのフラシの必要性を感じました。

2008年6月28日

高山のブタべら

Ca3a0018先日、知人がゲットした高山ダムのブタべです。さすが、高山!えぇカッコしとるなー (^^)

私ですか。。。GW以降、へらの顔を見ていません。肘は痛いし、アタリもないし…(泣

今晩からの大雨は、何か起してくれそうな予感ですね。週末は朗報があるかもしれません。

2008年5月10日

琵琶湖のへら-2

Resize0073先月釣った(釣れてしまった?)50上、琵琶湖のへらぶなです。産卵のために本湖より遡上した魚をゲットしたものと思われます。

内湖に居付きの大型は色黒であることが多く、警戒心が強くてなかなかエサを追わないんやそうです。あるベテラン氏に50上を釣った話しをしたところ、「白っぽい色してたやろ?」と聞かれました。

「なるほど、そう言われると白っぽい色してるな。。。」

「ん???、居付きの大型は、あんたにゃ釣れん」ってか!

忙しかったり体調が良くなかったりして、竿が出せていません。ちょっと欲求不満気味です。あ~、竿振りてぇー ゚゚(´O`)°

2008年2月 9日

琵琶湖のへら

Resize0056_2琵琶湖のへらぶなです。さほど肉厚はないのですが、一度浮いてきてからの馬力がすごいです。取り込もうとすると、ボートの下に潜り込んで激しく抵抗します。

琵琶湖の釣りはダム湖の釣りと違って、風の影響をもろに受けます。横波でボートが転覆しそうになる、仕掛けが掴めない、波にもまれてアタリがさっぱり判らん、なんてことは日常茶飯事で、これに打ち勝つ?「強い精神力」と「気象を読む力」が要求されます。

現場まで行って、風が止まずに帰ってきたこともあります。それでも行ってしまうのは、「自然の中で釣りをしているなー」という爽快感があるからでしょうか (^o^)

2008年2月 5日

堀河ダムのへら

Resize0055堀河ダムのへらぶなです。タイプは様々ですが、一様に馬力があり強い引きをみせます。私は40チョイしかよー釣らんので、常連さんはこのサイズが釣れると「しんちゃんサイズやな~」とバカにしてくれます。

汚名返上と写真のへらを釣った後、明らかに尺半超を釣り上げたのですが、残念アゴスレでした。なんで宙釣りでアゴスレ!ほんま、ヘタっぴー…((>д<))

口の悪い?常連さんたちですが、教えていただいて非常に役に立ったことがあります。それは、宙釣りで並んで釣る場合は「手返しの多い人に釣れるということ。

ほとんど同じ条件で釣っているにも関わらず、「手返しの少ない人を飛び越えて手返しの多い人が釣る」という現象を、何度も経験しました。それ以降宙釣りは、地合いといわれる時間帯にはマシンガン打ちするよう心掛けています。

ボチボチでも釣れるようになったのは、堀河の常連さんのおかげです。感謝、感謝(^^)

2008年1月28日

山田ダムのへら

山田ダムのへらぶなです。

Resize0051_2

水質の関係でしょうか、全般的にちょっと色黒です。形は長手・フライパンなど様々ですが、現認した50上は長手のものが多かったですね。

「現認ばっかりしとらんで、はよ50上釣らんかいな!」って?おっしゃる通りです、ハイ(゜_゜)

写真は抱卵してハタキに入る直前のへらですが、うまい具合に食わせることが出来ました。この後は大ハタキで、当然!何にも釣れず…ですよ。

ん、よく見るとこいつも44cmじゃないですかー!?

アクセス3000件突破しました。ご来場ありがとうございます(^o^)

2008年1月27日

高山ダムのへら

高山ダムのへらぶなです。

Resize0020

写真は典型的なフライパン・タイプ。これが釣れるので、釣果率が低いと分かっていながら通いつめる高山ファンも多いはず!

タモですくった瞬間は肉厚・重量感から尺半はあるなー♪と思ったのですが、検寸してみると44cm。もうちょっと尻尾のびてぇ~~((>д<))

これ以降、毎年ひとつの目標にしている尺半の一歩手前の44cmというのが、何処へ行ってもやたら食いついてくるようになりました。なぜか、釣っても釣っても44cm止まり。

今年も「44地獄」に苦しめられるのか、、、

2008年1月23日

天ヶ瀬ダムのへら

天ヶ瀬ダムのへらぶなです。斜面で撮影したので、ズレてしまいました。

Resize0053

ここの魚は水位増減が激しく常に泳いでいるので、尾ヒレが発達しているといわれています。写真の魚も釣った瞬間はそんなに大きいと感じなかったのですが、検寸すると尻尾が長く!46cmもありました。

夜中にフラッシュをたくと他の釣人に迷惑になるので、あまり写真は撮らない主義ですが、データとして残っているもので特徴的なものを紹介していこうと思います。