ウェブページ

タイトルバナー

  • リンクの際にお使い下さい
無料ブログはココログ

カテゴリー「釣り道具」の49件の記事

2018年9月25日

誰か買って下さい!!

断舎利の一環です。

Iimg768x10241537576844wqqjsb180816

ダイシン社の剛竿、一集12尺をヤフオクに出品しました。

乗っ込み期やボートからの大型狙い用に購入しましたが、最近めっきり出番がなくなってしまいましたので処分することにしました。

詳細・入札はこちらから↓↓↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/323953738

もう生産されていないと思いますので、パーツ交換用として保持されてもいいかもしれません。

よろしくお願い致します!!(*^-^)

2016年5月10日

断捨離

齢も五十に近くなると、周囲に不要なものが多々あることに気付きます。

何でこんなもの買ったんだろう、、、(・_・)

これはもう一生使わないな、、、(;д;)

断捨離という言葉が巷で持てはやされているようですが、私は概ね一年間使わなかった物を不要な品と定義して、捨てるか、またはヤフオクで次の利用者を探す努力を続けています。

今回の不要な品は、巨ベラ用のフラシ。

00067_2

陸釣りの場合は写真撮影して即リリースするので使いませんが、ボート釣りの場合は船上でフラッシュ焚くのに抵抗があり、キープする必要があるかと購入しました。

しかし結局、、、出番が回ってくることはなく、ヤフオク行きとなりました。

次の断捨離のターゲットは、FRP製の3分割エンジン付きボート。確か、大枚をはたいて購入した記憶があります。

Resize0121

たくさんの思い出を作ってくれた船ですが、出動機会も極端に減っており次のオーナーを探すつもりです。

2015年5月14日

ナイターウキ

Photo

<図面クリックで拡大します>

因る年月には勝てず、、、とうとうメガネの世話になる齢に達してしまいました。
そう、老眼!!というやつです。(;д;)

今までは、電池が消耗し発光が足りなくなってきても何とかやり過ごせたのですが、最近はそれも無理で、見やすいウキの必要性を感じていました。

たまたま見かけた友人のウキが非常に見やすかったことから、設計詳細を頂戴し、自分なりに変更して別注で2本作って貰いました。

Dscn1460

(左:点灯前、右:点灯後)

最近のファイバーウキはとても明るいので、発光部を小さくし且つ間隔を広げることでお互いの光が干渉しないように工夫してあります。

オールマイティーに使えて、なかなか見やすいと自画自賛。(・∀・)イイ!

ちなみに、私はウキの製作は専門家にお願いしています。以前、自作しようと製作工程を見せて頂いたことがあるのですが、あの細かい作業は自分にはムリっ!!

大概のことは自力でやりますが、費用対効果を考えると、、、ウキを作る時間があるなら、釣りに行きたいというのがホンネです。

2014年12月 2日

ゼノア BC2510DT改

友人から譲り受けたゼノアの草刈機、正しくは刈払機というらしい、、、

ポイント作りの必需品なのですが、あちこち傷んできたのと使い勝手向上のため、自分で分解・大掃除してみました。

Dscn1280_2

手を入れたのは、これらの箇所です。

  • 燃料漏れが酷かったので、燃料タンクアッセンを交換。
  • 行方不明になってしまったエア・エレメント装着。
  • 焼けがイマイチなので、プラグを交換。
  • 斜面が刈り込みにくいので、グリップをループハンドルに交換。
  • チップソーを新品に交換。
  • ギアケースにグリスを補充。

ループハンドルはヤフオク、その他の部品はアマゾンや通販サイト、取扱説明書はメーカーWebサイトからそれぞれ入手。自宅から一歩も出ることなく、部品をかき集めることに成功しました。w(゚o゚)w

この刈払機の前所有者はプロの職人なのですが、耐久性にメンテナンス性も加味して機種を選んでいるなという印象を受けました。古い機種ですが、パーツが揃って非常に有難かったです。やっぱりメイド・イン・ジャパンが、使い勝手がよろしいようで。

見た目も綺麗になったし、エンジンも絶好調!!
また草刈るぞーー (*^m^)

2013年9月25日

ダイワF22 インプレッション

"嵐水24尺"と"渡月21尺"を売却し、それで得た資金で"今どきの長尺竿"を買ってみました。

その名はダイワ F22

第一印象は、、、カラーリングが船竿!? &一昔前の竿に比べて、明らかに軽い!!

Dsc05006

私の場合、主たる用途は"型物狙い&ダム湖での浅棚のマシンガン打ち"であります。
軽くて引ける竿が欲しい、、、この相反した条件をどうやって満たすか、どこを落としどころとするかが選択のポイントになります。

今回、購入に際し重視したことは、

  1. 1本程度の浅棚であっても送り込みが容易である。
  2. そこそこの太さ(元径)があり、重量が軽過ぎない。
  3. 捻じれ少なく、ぶれずに引っ張れる強度がある。
  4. 持ち重りがない。
  5. 価格が高過ぎない。

以上の5点。

最近の竿は、軽くするために素材の肉厚が薄くなっています。軽過ぎる竿は、強度(引けるという意)に問題がありそうなので対象外。さらに巨大外道と格闘してトラぶった時のコストを考え、価格の高い竿も対象外としました。

色々考え財布の中身と相談した結果、シマノの「翼」とダイワの「F」が最終候補に残りました。

Dsc05007_2

カラーリングでは断然「翼」に分があったのですが、店頭で繋いでみたところ「F」の方が張りが強く使い勝手が良さそうに思え形勢が一気に逆転F」に軍配が上がりました。

まだマブナしか釣っていないのですが、今のところ「F」は条件をクリアしておりカラーリング以外は満足のいくレベルです。それにしても、なぜ青にしたんだ??? (lll゚Д゚)

また型物が釣れたら、使用感を書いてみたいと思います。

2011年5月23日

レギュレーターストーブ

それなりに竿は出しているのですが報告するような内容もない!! ので、今回は調理器具を紹介したいと思います。

Resize0246_2

コンビニの弁当は食べ飽きたのでちょっと釣り場で調理したいけど、カセットコンロは場所を取るし、登山用コンロは燃料調達が面倒、、、(;д;)

そんなことを考えていた時に見つけたのが、写真の
SOTO Regulator Stove ST-310

スーパーやコンビニで売ってるカセットボンベが燃料です。

”内臓されたマイクロレギュレーターにより連続使用や低温時にも安定した火力を発揮します”と謳い文句にありますが、実際なかなかの火力があります。

Resize0247_2

脚を収納するとかなりコンパクト!! (゚0゚)  持ち運びにも場所を取りません。

直径20㎝以上の鍋や大きい鉄板は使用不可なので大人数での使用はムリですが、単独釣行の多い私にはピッタリサイズですね。

<右サイドバー、お勧めアイテムから購入できます。>

2011年4月 1日

蚊(カ)対策

みなさん、虫刺され対策はどうされていますか?

ちょっと暖かくなるとすぐに出てくる蚊やブヨなどの吸血昆虫、ウキがふわふわしてる時に刺されたりすると、むっちゃムカつきます!! (`ε´)

私は友人に教えてもらった、この"携帯防虫器"を使っています。作りが頑丈で、少々の雨降りでも線香が消えることがない優れものです。

Resize0238_2

本来は林業者などが作業で使う、(金鳥の蚊取り線香より)ひと回り太くて強力な線香を携帯するためのものです。

Resizess500

この"パワー森林香"、さすがに効き目があるのですが、煙の量が多すぎて長時間吸い込むとこっちの気分が悪くなってしまいます。

そこでちょっと細工をして、普通の金鳥の蚊取り線香でも使えるように工夫してます。工夫といっても別に難しいことをしている訳ではなく、線香の先を2cmほど折って中心部分におくだけ。厚みの調整をしてやると、問題なく使うことが出来ます。

Resize0239

裏側はこんな感じ。線香のスペアを携帯できて、とても便利。シーズン前に是非購入を!!

<右サイドバー、お勧めアイテムから購入できます。>

2010年11月19日

続・また穴が開いた、、、

Resize0179_2

クレームに出していたシマノの長靴ですが、私の意見が通ったようで新品になって戻ってきました!!

モデルチェンジで以前のタイプは廃版になってました。
前の色合いが好きだったのですが、まぁ、新品にしてもらったので許すことにしましょう。(*^m^)

ゴム製品について、長持ちさせる方法などを勉強するいい機会になりました。いろいろ情報提供頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

2010年10月25日

また穴が開いた、、、

Resize0171

靴下が濡れていたのでブーツをチェックしてみると、ゴムの継ぎ手の部分に亀裂が入っていました。

前のブーツが夏にソールから水漏れを起こしたので、交換してもらい7~8回使っただけです!!

Resize0170

ゴムが傷まないよう使用の都度水洗いし、きちんと陰干しして大事にしていただけにショック大 ゚゚(´O`)°゚

そんなに激しく使っているとも思えないのですが、、、

みなさんはどうされていますか??

2010年10月10日

船外機のメンテ<其の弐>

Resize0159

インペラは、写真<矢印>のパーツの中で回転することで水を汲み上げています。ネジを解いて、取り出します。

Resize0161

左が新品、右が破損した既設の品
そら、水が汲み上がらん訳です、、、┐(´-`)┌

Resize0162

インペラはこの部品の中で高速回転しています。消耗部品だということがよく分りました!(・oノ)ノ
(ピンボケ写真!! ごめんなさい。)

Resize0163

インペラを取り替えたら、元通りに組み戻していきます。

ちょっとコツが掴み辛いのが、写真のクラッチ・シャフトとシフト・レバーをつなぐネジ。分解する前の位置をしっかり覚えておくと、後が楽チンです。

インペラ破損は焼付き→漂流につながります。たまに海釣りにも行くので、下手すれば命取りに!! (゚ー゚;

船外機の仕組みを知るいい機会になりました。

<終わり>

より以前の記事一覧