ウェブページ

タイトルバナー

  • リンクの際にお使い下さい
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月20日

釣り荒れたダム湖-4日目

行く度に尺半上~🎵 こんなラッキー、記憶になーい!!

そろそろ悪運が尽きそうに思えましたが、釣れないことの確認もしておきたかったので、調子に乗って再度行ってみることにしました。

竿を出す前にダム湖全体を見て回りましたが、人気ポイントにも皆目釣り人が見当たりません。確かにモジリやフキも見当たらず、魚の気配は薄い、、、ただこのブログにとっては願ったり叶ったり、静かに釣るにはちょうどいい環境なのかと思ったり✨

そんなことを考えながら、釣り台を設置しようとポイントを眺めていると、かなり手前で魚が顔を出しました。

これは足元を回遊してるな💡

Img_0450

 

 

 

 

 

聞くところ皆さんここでは15尺を出されるそうなので、13尺で釣れるか試してみることにしました。(とにかく人より短い竿で釣りたい💓)

明るいうちから餌打ちを始めたのですが、早々にブルーギルが餌を突っ付いてきます。しかし彼らは魚全体の活性のバロメーターなのでむしろ歓迎、気にせずどんどん餌を打っていきます。

ボール1杯の餌が無くなりかけた頃、ピクピク動いていたウキが馴染んだかと思うと一気に消し込みました。

やっぱり手前にいたのね🎵

まあまあのサイズだったので検寸しようとしましたが、、、残念!!脱走されてしまいました😖

気を取りなおして再度餌打ち。2時間ばかりブルと格闘していると、ヘラらしき触りに変わってきました。打つ度に大きなストロークでウキが上下します。ややこしいアタリに手を出すとスレをかきそうなので、消し込みアタリだけに的を絞りました。

30分ほど同じこと繰り返し、、、"落とせ、落とせ"と念じていると、馴染んだウキが消えて無くなりました。

よっしゃー!!💨

Img_0432

取り込んでみると、尺半はありそうな感じ。今度は脱走されない場所まで移動して、証拠写真を撮影。

46㎝ジャスト💕 悪運まだ尽きず!!

その後23時まで粘ってみましたが、時合いはなく時間切れで撤収と相成りました。

①魚影は濃さは健在。 ②近年の大型の実績は関西No1。 ③流域面積が小さく狙いが絞りやすい。 ④プレッシャーが無くなって餌付きが良くなる等々、まだ粘ってみる価値があるように思えてきました。

ここまで来たらボウズを食らうまで頑張ってみるか、、、という訳で、次回は気にある”あの場所”へ。

<次回に続く>

(追記)
聞いたところ、このポイントでマムシが出たらしい😖 皆さん、お気を付けくださいませ。 

2019年11月10日

釣り荒れたダム湖-3日目

とにかく、尺半上の証拠写真がほしい!!

3日後、、、気が付くと山田ダムに舞い戻っていました💦

Img_0413

 

 

 

 

 


現地に着くと先日からの居残り組、(1日50上2枚の)Y師匠が先に竿を出されていました。

普段は人と引っ付いて竿を出すのを良しとしない私ですが、お伺いしたいこともあったのでお願して横に入れて頂くことにしました。

この師匠の特徴は”とにかく釣りをする”こと💡

釣りに行っているのだから当り前なのですが、「集中が途切れて手数が減る」とか「アタリがないと飲んでしまう」など、我々凡人は何かしら他のことに気が向く時間帯がありますがこの人にはそれがない!! 食事をしていても、時合いがきているかも??と半分腰が浮いているのです。

海釣りでもそうですが、よく釣る人は手数が多く、釣れない時でも同じペースで餌を打っています。それと同じ、、、なかなか真似のできない芸当の持ち主なのです。

こんな人と魚の奪い合い!?!?

水面を見るとフキが手前で出ていたので、師匠より短い竿(15尺)で回転を上げる作戦としました。

入れ替わり誰かがエサ打ちしているようで、小1時間もすると触りが出ましたが、どうもヘラっぽくない。試しにウキ下を15㎝程下げてみると、途端にハリスを飛ばされました。底付近はコイの巣になってる💧

ハリスをくくり、棚を戻してしばらく我慢していると再び触りが、、、30分後にカラツン🎵

キタキタっ~~、腹パン46.5㎝ーーー✨

Img_0428_20200403123701

 

 

 

 

 

 

この前の47.6㎝には及びませんが、何とかインスタ映え!?するヘラをゲットすることが出来ました。

師匠に打ち勝った、、、と思っていましたが、しばらくすると隣でビシッ💧
私の尺半に心乱されることもなく、きっちり45㎝をゲットされていました。

やっぱり凡人とは違う!! まだまだ未熟さを感じた釣行となりました。 

<次回に続く>

« 2019年10月 | トップページ