ウェブページ

タイトルバナー

  • リンクの際にお使い下さい
無料ブログはココログ

« 再び高山ダム | トップページ | 誰か買って下さい!! »

2018年9月 4日

持つべきは友

<8月31日>

小学低学年からヘラ釣りを始め、およそ40年間竿を振ってきた中で、私の釣りに影響を与えた釣り師たち、、、広い意味で名人と呼べる人に何人か出会ってきました。その多くは色々な理由で疎遠になってしまいましたが、今でもひとり、私の釣りに影響を与え続けている男がいます。

機動力を生かしたポイント開拓、他の釣りをするが故の応用力、疑問を実証する行動力、、、下手くそな私がどこに行ってもそれなりにアタリが見れるようになったのは、明らかに彼と釣り談義をするようになったことに因ります。

  1. 魚の通り道を探す
  2. その上で魚が止まる場所を探す
  3. それが釣れる場所である

野の釣りでは当たり前の、かつ最も重要なロジック、、、これを私の目の前で実証し、諭してくれたことに非常に感謝しています。その彼から連絡がありました。

20180902232550

13尺でブチ切られたーーw(゚o゚)w

かつて自身が大釣りをした、誰も見向きのしない!?某ポイントでの話。水位が下がって竿が振れるようになったので入ってみたら、ウキが消し込んだというです。

それは行かねばー!!

その日の午後、、、迷わずスクランブル発進。(*^-^)

ちなみにこのポイント、短竿で釣れることを見付けたのは私ですが、誰も竿を出さないのに魚の通り道になっていることに気付いたのは、その彼であります。

Dscn3569

19時30分現地着、辺りは既に暗く急いで準備に取り掛かりました。繋いだ竿はいつもの11尺、棚はこのポイントの基本でもある1本でスタートしました。ところが、、、待てど暮らせど魚の気配がありません。(;ω;)

餌打ち2時間でモジリがゼロ!! もちろん触りもゼロ!!

もともとモジリの少ないポイントではありますが、ここまで気配薄で釣れた試しはありません。しかしやることだけはやってから帰ろうと諦め半分、2本まで棚を下げてみることにしました。すると、、、馴染んだウキが上下を始めました。

何や、おるんかい!!(lll゚Д゚)

カラツンを3回程貰った後、消し込みで40cm程のアベレージサイズを何とかゲット。既に22時45分でしたが、チラホラとモジリも出始めたことから少しだけ粘ってみることにしました。

ところが再開直後から雷雲が発生、何やら雲行きが怪しくなってきました。ただ嵐の前は結構釣れることが多いのでポツリと来た瞬間に撤収すると決めて、そのまま餌打ちを続行しました。

雷雲が近付きゴロゴロと空が鳴り始めた24時前、あまり動かなかったウキが一節戻してブツッと消し込みました。雷が気になって竿から手を離していたのですが、慌てて合わすと竿が重い。(・∀・)ニヤニヤ

Dscn3568

強烈な締め込みを数回いなし、取り込んでみるとなかなかのサイズ。検寸すると45.5cm、今シーズン2枚目の尺半上となりました。(v^ー゜)!!

やっぱり嵐の前は時合いあり!?

証拠写真を撮り終えたところでちょうど雨が降り出し、大慌てで撤収、帰路につきました。

釣友からの連絡がなければ絶対釣れていない今回の尺半上。基本、単独釣行、出たとこ勝負の私ですが、情報提供してくれた釣友に感謝、感謝です。持つべきは友、、、を実感した釣行となりました。

(追記)
後で気付いたのですが、台風に備えて貯水位を下げていたよう。前日はモジリが多かったらしいので、魚の気配が薄かったのはその影響によると思われます。嵐の前は水位変動に要注意です。

« 再び高山ダム | トップページ | 誰か買って下さい!! »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502467/67125057

この記事へのトラックバック一覧です: 持つべきは友:

« 再び高山ダム | トップページ | 誰か買って下さい!! »