ウェブページ

タイトルバナー

  • リンクの際にお使い下さい
無料ブログはココログ

断捨離

齢も五十に近くなると、周囲に不要なものが多々あることに気付きます。

何でこんなもの買ったんだろう、、、(・_・)

これはもう一生使わないな、、、(;д;)

断捨離という言葉が巷で持てはやされているようですが、私は概ね一年間使わなかった物を不要な品と定義して、捨てるか、またはヤフオクで次の利用者を探す努力を続けています。

今回の不要な品は、巨ベラ用のフラシ。

00067_2

陸釣りの場合は写真撮影して即リリースするので使いませんが、ボート釣りの場合は船上でフラッシュ焚くのに抵抗があり、キープする必要があるかと購入しました。

しかし結局、、、出番が回ってくることはなく、ヤフオク行きとなりました。

次の断捨離のターゲットは、FRP製の3分割エンジン付きボート。確か、大枚をはたいて購入した記憶があります。

Resize0121

たくさんの思い出を作ってくれた船ですが、出動機会も極端に減っており次のオーナーを探すつもりです。

2015年10月20日

SW4連休-その2

ジャンプ台を見学した後、渋滞に巻き込まれないよう早めに白馬を離れました。途中、木崎湖横を通ると、車の窓越しにボート釣りのヘラ師の発見!!

何や釣れるんちゃうの??(゚0゚)

後で調べてみると、他のボート店から出船していた模様。ヘラ師とヘラブナが絶滅していないのを知ってひと安心、、、未練タラタラ!? で木崎湖を後にしました。

渋滞を避けたはずが、自宅に戻ったのは結局深夜。本当は家族を降ろしてそのまま釣りに行く予定だったのですが、さすがの私も体力が続かずダウンしてしまいましたzzz

翌朝も疲れからか目覚めは遅く、ふとんから出たのは9時を過ぎていました。

さて何処に行こうか、、、( ´_ゝ`)

悩んだ挙句、静かに竿が振りたかったこともあり、春に尺半上を釣った野池に再び行ってみることにしました。

Dscn1808

釣台をセットし、小一時間ほど餌打ちしては床休め、を繰り返しながら時合いを待ちます。

アタリもなく暇なので、池の周りを探索していると、、、

Dscn1811

イノシシが餌を求めて徘徊した形跡が、そこかしこ見受けられます。

Dscn1813

しかも、釣座の結構近くに!! (lll゚Д゚)

せっかく来たので何とか竿は出したい、、、ラジオやヘッドランプをこまめに点灯する等して、自分の存在をアピールしつつ粘ってみることにしました。

Dscn1805

イノシシの恐怖と闘いながら釣ること4時間、21時過ぎに狙い通りの食い上げで仕留めた尺半上は検寸すると46.1cm (*^-^) 久し振りにヘラブナの顔を拝むことが出来ました。

この後は休憩を挟みながら朝まで粘りましたが、イノシシともヘラブナとも遭遇する!? ことはありませんでした。

しかし、よく遊んだシルバーウィークでした。移動距離は1400km超。自分でもアホと違うかと思ってしまいます。

まぁ、体が動く間は無茶して頑張ろうと思います。(*^.^*)

<終わり>

2015年10月13日

SW4連休-その1

好きな釣りをやりつつ、家族とのコミュニケーションも取れないか、、、私の最近の大きな関心事のひとつであります。

折角の大型連休、、、遠征したいという思いと、家族と一緒に過ごすという相反する希望を同時に叶えるため、信州に行くことを思い付きました。

以前から気になっていた釣り場に、長野県の仁科三湖があります。中でも木崎湖は乗っ込み時に大型が釣れると聞いて、一度は竿を出してみたいと思っていたポイントです。

レンタルボート店がウェブサイトを開設しているのを知っていましたので、釣況を聞くため電話してみることにしました。

   管理人   : 「SWに初めて竿を出すつもりなんですが、釣況は如何でしょう?」

   ボート店 : 「ここ数年、ヘラ釣りのお客さんはお見えになってませんねー」

   管理人  : 「げっ、ホンマですか!!!」

   ボート店 : 「、、、(無言)」

長野はヘラ師が絶滅したか、はたまたヘラがいなくなったのか、、、(lll゚Д゚)

今回の旅は自由に時間を使えないので、ポイントを探れない!!
可能性はゼロではないと思われましたが、釣りは次回にお預けすることにして家族との時間を優先することにしました。

釣りをしないとなれば、話は簡単。w(゚o゚)w
白馬地方は私の庭みたいなもんです。さぁ、キャンプだ、山登りだ!!

Dsc_0016_2

八方尾根のリフトを乗り継いで、八方池までプチ登山。
天気図を読みまくり、なかなか見ることが出来ない絶景を拝むことに成功!! (o^-^o)

Dsc_0015_2

白馬ジャンプ台に登って、長野五輪の感動に浸りつつ恐怖を味わう、、、 (lll゚Д゚)

Dsc_0025_2

連休の混雑を掻い潜り、なかなかナイスな時間を家族と共に過ごすことに成功しました。

<次回に続く>

2015年7月28日

誰か買って下さい、、、Part2

Img450x60014379749882otl1c2900_2

ナイター用の電気ウキを自作しようと購入した、ナショナル製リチウムウキ、、、自分にはあの細かい作業をする根性も才能もないと判断し、にヤフオク出品しました。(;д;)

廃版になったみたいなので、必要な方はこの機会に入手して下さいね。

このプラスチックのおもちゃみたい!?なウキを、ヘラウキに改造しようと思った最初の人はホント凄いなといつも思います。人間の飽くなき欲求といえば大袈裟でしょうか、、、(^-^;

また部品の性能が上がったことと相まって、今や昼ウキよりナイターウキの方が視認性が高かったりします。耐久性も上っていますよね。

このウキ(ソケット部分)、痛みやすいという方もいらっしゃいますが、

  1. 使った後はソケットをつながず、とにかく回路を乾燥させる。
  2. ゴムパッキンに定期的にシリコンスプレーを吹きかける。
  3. 電池の抜き差しは丁寧に。
これらを守るだけで私の場合、多くが10年近くトラブルなく稼働してます。

おかげで古いウキが貯まる一方、、、今度はこっちの処分も考えたいと思います。

追記:
ほぼ購入価格で落札頂きました。ありがとうございました。

2015年6月 8日

坂本ダムへ行ってみた

近畿の屋根、紀伊山地の山奥の、、、そのまた遥か遥か山奥に坂本ダムはあります。

見えてるヘラブナがいると聞いたので、釣り道具一式を携えて行ってみることにしました。

Dscn1517_2

池原ダムまでのルートは整備されてムチャ快適なのですが、池原ダムゲートから坂本ダムに至る国道425号線が狭くてグニャグニャで、まー走り難いったら走り難いったら、、、(。>0<。)

いわゆる、酷道(こくどう)というヤツです。

Dscn1518

それでも尾鷲に抜ける最短ルートでもあることから車何台かとはすれ違いましたが、問題はダム中流からポイントに向かう県道228号!!

国道425号から逸れた瞬間から、がけ崩れはあるは、路肩は崩落してるは、、、何よりも恐怖だったのは携帯が通じないこと。スタックしたら、その時点でアウトです。

こんな天気のいい日に、釣り人どころか人っ子一人見当たりません!!

ここは一人で来る場所じゃないと悟った私は、20分程走ったところで一目散に引き返しました。全く冷静さを欠いており、写真など撮る余裕など一切ありませんでした。

あー怖かった!! (;;;´Д`)

帰って来てからググってみると、道の果てまで走ったレポートが、、、世の中には色んな趣味の人がいるようです。(笑)

 奈良県道228号 東川河合線

 奈良県道228号 東川河合線の端っこ

昨今の大雨により、これらの報告よりもさらに崩壊が進んでいる印象です。

魚がスレておらず、3桁釣りも可能との噂。バスボもゼロ、のんびり竿を振れること間違いなし!! ただ、それなりの装備を整え、複数名で行かないと非常に危険なダム湖です。

勇気と根性のある方、一緒に行きませんか???

2015年5月29日

ウキのテストで、、、

日時:5月2日(土) 天候:晴れ 気温:26℃

サクラの季節が終わりツツジの季節となりましたが、、、なおも大物と対面できない日々が続いておりました。

Dscn1454

とにかく釣れないので、書くネタがない!!

ボウズ報告ばかり書くのもそろそろ気が引けてきたので、恐らく型を見られるであろう、昨年尺半上を釣った野池にウキのテストを兼ねて釣行してみました。

ちょっと前置きしますが、、、

当ブログでは野池という言葉を用いますが、厳密には"野池"と呼ばれるものの多くは人為的に管理された農業用の溜め池。ゴミの持ち帰りは当然のこと、迷惑駐車や堰堤を崩すような行為も厳に謹まなければなりません。

他所の家の軒先で釣糸を垂れているようなもの、、、私自身はそのように考えており、権利者の逆鱗に触れるようなことがあれば、釣禁一直線なのであります。(@Д@; 

とにかく釣り場を大事にする、、、将来の釣人のためにも、読者の皆さんも是非心掛けて頂きたいです。

Dscn1453

さて、釣行内容ですが、、、

仕事を終え、現場に到着したのは深夜22時過ぎ。モジリまくっているのでは!?との淡い期待は何処へやら、水面が鏡のように滑らかなのが月明かりで分かります。

もしかしてハタキ後の一服!?、、、Σ(゚д゚;)

かなり落ち込みましたが気を取り直し、今日の釣行目的である新ウキのテストに入りました。まずはバランスの底釣りから。バラケとグルテンのセットで始めてみました。

錘を調整しながらエサ落ち目盛とエサの重さのバランスを探っていると、、、何やらウキが動いているような感じがします。数投後、明らかにサワリが出ました。

おー、いるやないか!! と思ったのですが、その後は食いアタリが出ることはなく、運転の疲れもあって酷い睡魔襲われ、そのままダウンしてしまいました。とりあえず2時間後の午前2時に目覚ましをセットに床に就いたのですが、気が付くと午前3時!!

やっぱり寝過ごしたーーーι(´Д`υ)

慌ててエサを打ち始めると、先のエサ撒きが効いているのか早々にサワリがあります。本来なら宙釣りを試してみたいところなのですが、何せ釣っていないので気持ちに余裕がありません。とりあえず釣りたいという一心から、今日は使わんと決めていた必殺!?琵琶湖スペシャルをまたまた出動させてしまいました。

Dscn14462

空も白み始めた午前4時過ぎ、明確な一節アタリでノコノコ上がってきた1枚。

パンパンに抱卵したヘラは検寸すると46.5cm、セルフタイマーでの手持ち写真まで付き合って頂きました。

Dscn14511

新作ウキは見やすさは確認できましたが、魚を掛けることに一生懸命で仕掛けやエサとのバランスがちっとも分からんかった、、、( ゚д゚)

実験は次回に持ち越しですね。

2015年5月14日

ナイターウキ

Photo

<図面クリックで拡大します>

因る年月には勝てず、、、とうとうメガネの世話になる齢に達してしまいました。
そう、老眼!!というやつです。(;д;)

今までは、電池が消耗し発光が足りなくなってきても何とかやり過ごせたのですが、最近はそれも無理で、見やすいウキの必要性を感じていました。

たまたま見かけた友人のウキが非常に見やすかったことから、設計詳細を頂戴し、自分なりに変更して別注で2本作って貰いました。

Dscn1460

(左:点灯前、右:点灯後)

最近のファイバーウキはとても明るいので、発光部を小さくし且つ間隔を広げることでお互いの光が干渉しないように工夫してあります。

オールマイティーに使えて、なかなか見やすいと自画自賛。(・∀・)イイ!

ちなみに、私はウキの製作は専門家にお願いしています。以前、自作しようと製作工程を見せて頂いたことがあるのですが、あの細かい作業は自分にはムリっ!!

大概のことは自力でやりますが、費用対効果を考えると、、、ウキを作る時間があるなら、釣りに行きたいというのがホンネです。

2015年4月11日

数釣りを堪能

日時:4月5日 天候:雨時々曇り 気温:18℃

(腕前はさておき)狙いのダム湖でさっぱり釣れないので、リハビリがてら津風呂湖に行ってきました。

Dscn1412_2

津風呂湖といえば数釣りのイメージが強いですが、例年48㎝台が記録されているようですし、自身も3枚の尺半上を釣っています。ポイント選定と時期さえ間違わなければ、面白い釣りが出来る釣り場なのです。

Dscn1411_3

ただ困ったことに、近年、夏場に水位が高く保たれているため雑草類が生えなくなってしまいました。ハタキ場がなくなってしまい、ポイント選定が非常に難しい、、、(;д;)

魚が必ず通る or 留まるような地形の変化のあるところ、、、最初に川筋を見に行きましたが、百花繚乱パラソルの花が咲いていたので混んでる場所はパス!! 思い当たる下手のポイントで竿を出すことにしました。

Dscn1409

水面の様子をしばらく見ていましたが、時折ヘチ寄りでモジリがあります。

魚はかなり手前を回遊しているとみて、カケアガリと平地の境目辺りにエサが落ちるように13尺をセットして、餌打ちを開始しました。

ナジミ幅を調整し、餌打ち周辺の床の様子を探りながら餌打ちしていると、早速5投目にサワリが出始めました。場所の選定は、間違っていなかったよう、、、

何かいる、、、( ̄ー ̄)ニヤリ

グルテン餌で待ちをかけること数投、尺ニ寸クラスが釣れてきました。

Dscn1413

昼間は障害物がはっきり見えるので焦らず取り込みが出来ますし、何より釣れた魚が見えるので、それ自体が楽しーぃ!!(o^-^o)

Dscn1414

午前中はこのサイズを2枚追加して、一旦撤収。津風呂湖温泉で一風呂浴びて、午睡ののち15時前から午後の部をスタートしました。

午前の餌撒きが効いたのか、3投目よりサワリがあり、その後はマブナ混じりの入れアタリ状態。最大41㎝、平均尺三クラスを10枚以上は釣ったかな。

薄暗くなるまで釣りまくって、これまでのストレスを発散、、、再びボウズ街道!?に戻る心を整えました。

Dscn1416

今回の収穫は、以前から疑問に思っている"針の大きさ、ズラシ幅、エサの違い、片キン"等々でどれ程釣れ方が変わるのか、実験できたこと。考えながら底釣りが出来たのは、貴重な経験となりました。

次は尺半上の報告が出来るように、頑張りたいと思います。

2015年4月 1日

ボウズ街道爆進中

Dscn1405

あちこちから巨べらの便りが届いておりますが、私には全く無縁の話でありまして、、、

ただ今、4連続釣果なし!! ボウズ街道をひた走っております。(ノ_-。)

春の時合いは非常に短いので、いつも宝くじを買うようなものだと思って釣り糸を垂れておりますが、ウキが動かないのは正直辛いものがありますね。

前回ハタキから2週間、、、そろそろ釣れてもいい頃合いかな。
本日、出撃致します。

2015年3月27日

再開しました

Img_0002

体の自由が利くうちに(笑)、もう一度上を目指そうと8年間のブランクを経てトレーニングを再開しました管理人のもうひとつの趣味、競技スキーです。

残された時間が少ないんや、、、とおっしゃって黙々と竿を振り続けるご年配の釣り名人を何人もお見かけしましたが、私もその気持ちが分かる年代に徐々に近づいてきました。(^-^;

来年はマスターズ登録して、再来年には全日本の大会を目指そうと思います。

2015年3月19日

初釣りは、、、

日時:3月17日(火) 天候:晴れ 気温:19℃

Dsc_0178

仕事終わりに、本年初釣行。(*^m^)

暖かい日が続いたので行ってみたのですが、目指すポイントには未だ春は訪れていないようでモジリも少なく気配薄。おまけに水が澄み過ぎていてこらアカンわ!!と思ったのですが、せっかく来たので竿を出してみることにしました。

そんな悪条件でしたが、21時を過ぎた頃から小型の魚がモジるようになり、ちょっと期待して待ってみましたが、、、

やっぱり食ってきたのは、デッカいマブナでしたー。(;д;)

初釣りでヘラブナを釣ろうなんて大それたことは考えてません!? まぁ、ウキ動いただけで上出来です。

この謙虚な気持を忘れずに、、、また雨後にチャレンジします。

2015年3月14日

今シーズンは、、、

仕事と確定申告に謀殺され、自分のブログを巡回することもままならない状況が続いていましたがようやく落ち着いてきました、、、皆さん、お久しぶりでございます。(^-^;

一昨年あたりから悪友に唆され海の船釣りにハマっておりましたが、試行錯誤の結果、ある程度狙って釣果を得ることが出来るようになってきました。

昨秋には釣り人生初、クーラーボックス2杯分の大爆釣も経験させて頂きました。w(゚o゚)w

Dscn11921
<70㎝超ワラサ×3、65㎝頭にマダイ×3、大アジ×2、ヒラメ×1他、三重県国崎にて>

ある程度の実績をあげたことで、徐々に海釣り熱も冷めてきました。どの釣りが自分に合っていて楽しいと思えるか、、、それが分かってきたのです。

今シーズンは、軸足を海釣りからヘラ釣りに戻していく予定でいます。

釣り場で見かけたら、また声を掛けてやって下さいませ。(*^-^)

2014年12月 2日

ゼノア BC2510DT改

友人から譲り受けたゼノアの草刈機、正しくは刈払機というらしい、、、

ポイント作りの必需品なのですが、あちこち傷んできたのと使い勝手向上のため、自分で分解・大掃除してみました。

Dscn1280_2

手を入れたのは、これらの箇所です。

  • 燃料漏れが酷かったので、燃料タンクアッセンを交換。
  • 行方不明になってしまったエア・エレメント装着。
  • 焼けがイマイチなので、プラグを交換。
  • 斜面が刈り込みにくいので、グリップをループハンドルに交換。
  • チップソーを新品に交換。
  • ギアケースにグリスを補充。

ループハンドルはヤフオク、その他の部品はアマゾンや通販サイト、取扱説明書はメーカーWebサイトからそれぞれ入手。自宅から一歩も出ることなく、部品をかき集めることに成功しました。w(゚o゚)w

この刈払機の前所有者はプロの職人なのですが、耐久性にメンテナンス性も加味して機種を選んでいるなという印象を受けました。古い機種ですが、パーツが揃って非常に有難かったです。やっぱりメイド・イン・ジャパンが、使い勝手がよろしいようで。

見た目も綺麗になったし、エンジンも絶好調!!
また草刈るぞーー (*^m^)

2014年10月 3日

頑張ってほしい!!

ここ数年、縁あって香港へは何度か足を運んでいます。
今そこで、大変な事態が起こっています。

香港の最高学府・香港大学の学生を中心に、政府に対し民主的な選挙を求めたデモが進行中。何度も歩いた香港島のメインストリートが、人で埋め尽くされています。

彼らの行動を見ていると、自由とは闘って手に入れるものだということを痛感します。

結果如何によっては、人権侵害と併せて、日本の安全保障にも影響を与えかねない重要な事案です。

私は、彼らの行動主張を断固支持します。

2014年9月26日

続々・夜中に池で泳ぐ!?

何とか1枚確保できたので、一安心。

そのまま釣り続ける手もあったのですが、早朝の時合いに備えるため、釣り座をそのままにして早めに就寝することにしました。ところが、、、

前日からの疲れで爆睡している時、事件は起こりました。w(゚o゚)w

あれっ、釣り道具がなーい!!

そこにあるはずの釣台やパラソル、釣具一式が見当たりません。恐る恐る懐中電灯で水面を照らしてみると、、、吹き飛ばされた釣台とパラソルが水中に沈んでいました。 

あちゃーー (。>0<。)

この日は雨が降っていたことと、釣り座から車までの距離が近かったこともあって、パラソルはたたまずに釣り座を離れていました。夜中に寒冷前線が通過し、その時の強風で吹き飛ばされてしまったようなのです。

さぁ、どうする???

ここで慌ててはいかんと妙に冷静だった私は、車から命綱を引っ張り、海釣り用のサンダルに履き替え、着替えの準備して釣り具回収に取り掛かりました。

真夜中に素っ裸で水泳やーー!?

幸いなことに竿や竿受けもダメージはなく、吹き飛ばされた一切の道具の回収成功。普通ならヤル気が萎えるところですが、やっぱり釣りバカの血が騒ぎ、、、気が付けば、何事もなかったかのように再び餌を打っておりました。(笑)

あれだけ大騒ぎしたのだから魚は何処かへ行ってしまっただろう思いましたが、ビックリ!!再開早々、生命反応があります。

餌打ち開始30分足らずで、40上ゲット。

Dscn11522

続いて30分後に、尺半上ゲット。

Dscn11543

春先にダム湖で底釣りをする場合など、藻刈りガマやドボンで水底を掃除したりしますが、回遊ルートに乗ってさえいれば少々音を立てようが、その後静かにしてさえしていれば魚は回遊してくるといいます。

今回は水中で泳いだ!?のでさすがにダメかと思いましたが、同じ結果となったのは非常に興味深いです。

釣友の予言通り尺半上が釣れる上に、原風景に触れられる貴重な場所、、、また行きたい釣り場が増えました♪

<終わり>

2014年9月23日

続・夜中に池で泳ぐ!?

バスボやルアーマンはおらず、鏡面のような静かな水面。手入れの行き届いた里山、、、(*^-^)

こんな素晴らしい環境が未だ存在していることに驚き感動しつつ、準備に取り掛かりました。

準備といっても聞いてきたのは、

  1. 竿を出せる場所=ポイントである。
  2. 底釣りでよい。

この2点のみ。

何処で竿を出すのがいいか、どの時間に集中したらいいか、、、さっぱり分からん。゚゚(´O`)°゚

釣台を据えた跡もはっきりしないのでとりあえず餌を打ち、様子を見て移動するなり竿の長さを変えるなり、臨機応変に対応することにしました。

まずはナイターを念頭に17尺をセット、琵琶湖仕様の仕掛けとエサで釣り開始。

流れもないことからエサは底溜まりすると思われるので、握り拳大くらいの量を目途にグルテン入りマッシュを待ちを入れながら打っていきます。

バンバン餌を入れていく派と、エサの打ち方に賛否が分かれるところですが、私はシーズンを通して底釣りでは大量のエサは打たないようにしています。理由は単純で、お腹いっぱいで食わせエサを食べなくなると推察されるのと、エサがもったいないから。(笑)

開始から2時間もしないうちに最初のアタリが出ましたが、底の状態があまり良くないのか合わせても合わせても魚が乗りません。そのうちスレをかきそうなので、琵琶湖同様、仕掛けを這わせてみることにしました。

すると、、、1投目から42㎝ゲット!!

Dscn11501

さすが琵琶湖スペシャル(←詳細はこちら)、なかなかの騙しっぷりであります。(*^m^)

<次回に続く>

2014年9月21日

夜中に池で泳ぐ!?

日時:8月14日(木) 天候:曇りのち雨時々大風

野池で釣りしますか?? 釣友に不思議なことを尋ねられました。

えっ、なんで!?

フィールドを限定して釣りを楽しんでいる方もいるそうで、その確認だったよう。

幼少からヘラブナ釣りに親しんできた私にとって、野池の釣りはまさに元風景。今でこそダム湖や琵琶湖で釣糸を垂れる日々ですが、それは近郊の池が埋め立てられたり釣り禁になったからで、特にフィールドを限定して釣りをしている訳ではありません。

要するに、釣れれば何でもいいのである!!

Dscn11554

尺半上が高確率で出ます。但し、釣れればの話ですが、、、w(゚o゚)w

教えて貰ったのは、山間部のこじんまりとした野池。堰堤に立つと、数十年前に近所の釣りバカおじさんに連れられて行った、あの景色が広がっていました。

<次回に続く>

2014年8月12日

おそろしい

日時:8月10日(日) 天候:大雨のち曇り

Dscn11472

台風直後の風屋ダム、12時間の積算雨量250㎜でほぼ満水に達しました。悲しいことに、この後、下流の熊野川が氾濫したと聞きました。

Dscn11422

命の危険を感じる、、、とは、正にこのこと。奈良に用事があったので足を延ばしてみたのですが、激流を見ただけで命からがら逃げ帰ってきました。

Dscn11492

帰り道、津風呂湖に立ち寄りましたが、こちらも上流はやっぱり濁流。しかしながら、沖目ではぽつぽつとモジリがあります。

ひょっとしたら釣れるかも、、、w(゚o゚)w

流れの少ないところを探して、ヘチ際7尺で釣ってみることにしました。

目論見通りウキは早々に動いたのですが、コイ、鯉、二ゴイ、ウグイと外道のオンパレード。このダムは泥濁りの中では釣れないか、、、諦めかけた時に釣れたのが、写真のヘラ。

水が動けばチャンスあり!!

ヘラブナは濁りを嫌うというけれど、全面濁っていたら関係ない!? 風屋ダムでの修業が生きた1枚となりました。(o^-^o)

2014年7月 9日

ボウズですけど、、、

日時:7月1日(火) 天候:晴れ 気温:27℃

毎年恒例、花火を見ながらボート釣り。琵琶湖某所にて、本年初チャレンジしてきました。

Dscn1117_3

このポイント、(私の腕が悪いのか)近年はヒワラしか釣れません。何とかヘラを釣りたいと情報収集したところ、エサは集魚剤なし・針は小さいものがよいとのこと。早速試してみることにしました。

現場に着くと時期が早かった?? モジリが全くありませーん!! おまけに強風で、上衣を羽織ってもまだ寒い。

しばらく餌打ちしましたが、あまりの条件の悪さに辛抱堪らず、風が止むまでシートを被って一眠りすることにしました。

小1時間は寝たでしょうか、、、餌打ちを再開すると、撒き餌が効いたのか何やら生体反応があります。グルテン餌に替え、待ちを掛けるとウキがズバッと消し込みました。w(゚o゚)w

思わず合せそうになりましたが、消し込みは大概スレなのでグッっと我慢、食い上げに照準を合わせます。待つこと数投、、、チクッとした当たりの後、ウキがするすると持ち上がりました。

ヨシ、乗ったー!!

Dscn1120

ところが、上がってきたのは40㎝オーバーのヒワラ君、、、 (;д;)
白エサの効果は、、、ナシ!!

残念ながらこの日はボウズでしたが、ポイントと釣り方に一定の目途が付きました。日を改め、再チャレンジしたいと思います。

次は絶対釣ったるぞーーー

2014年7月 3日

噂の真相

Dscn1103

誰も竿を出していないけど、乗っ込み後期に産卵を終えたヘラブナ?? 産卵できなかったヘラブナ?? がハタ場に通じるポイントで釣れる、、、という噂。

ホンマかいな、、、w(゚o゚)w

噂の真相を確かめるべく、琵琶湖にてGW明けに竿を出してみました。

草が生えている先がドン深になって確かにフキがたくさん出ているのですが、何をやっても全くサワリがありません。手を変え品を変え、4時間ほど粘ってみましたが敢え無く撃沈。

私の腕前では噂での範疇を越えられず、、、 (;ω;)
どなたか、チャレンジして下さい!!

2014年6月25日

天ヶ瀬ダム-田原川ワンド近況

Dsc_0049

仕事のルート上にあるので、車を停めて何度か偵察しておりましたが、、、釣り人の姿を全く見かけなくなった理由が分かりました。

ここ数年来の豪雨による堆積土砂で、ポイントが埋もれて浅瀬に変わっています。w(゚o゚)w

それでも水位の高い時は、明らかにヘラ玉と思しき魚影がありましたので、「竿を出せばチャンスはあるかな」との印象を受けました。

もう少し魚影が濃くて、ハクレンさえいなければ!! 絶対に竿を出すところなのですが、、、(*´ェ`*)

2014年6月22日

お久し振りでございます。

Dsc_0048

皆様、お久し振りでございます。

消費税増税の余波を受け、先月末まで駆け込み需要の対応に追われておりました。生きているのかとご心配のメールを頂いた方、ありがとうございます。何とか元気でやっております。

釣りに関する近況ですが、
4月は琵琶湖で数回竿出しましたが、40上を1枚釣っただけで後は撃沈゚゚(´O`)°゚ 昨年10月に釣り過ぎたツケが、今頃回ってきたようであります。

釣りに行かねばと思っているのですが、サッカー魂に火がつきまして、、、観戦のため神戸までパブリックビューングなんぞ、出掛けたりしてます。ヘラ釣りファンの皆さんも、とりあえず竿を置いて日本代表を応援してやって下さいませ!!

7月から琵琶湖で竿出す予定で、ようやく仕掛け作りに着手しました。
釣れたらアップしますので、また覗きにきてやって下さい。(*^-^)

2014年1月10日

怒涛の1週間-その後

翌12日は、前日の釣果を聞いた釣友が2名が出動しましたが、気圧配置が冬型に変わり気温が一気に低下、何とか1枚拾っただけで時合い終了と連絡がありました。

これで行かなくてよくなった!? (^-^;

ナイターとはいえ夏場の釣りで、9尺や10尺で、しかも型物が釣れる、という興味深い魚の行動が確認できた今回の釣行。最近、少しは魚の気持ちが分かってきたなー、、、とか思ってましたが、自惚れでしかないことを再認識させられました。

まだまだ勉強が足らんぞ、、、よ。

また、釣り場に勉強に行こうと思います。(*^-^)

<終わり>

2013年12月15日

怒涛の1週間-その10

日時:10月11日(金) 天候:晴れ 気温:24℃

お魚さん、ありがとう。来年もよろしくねーー
10日深夜、、、止める直前まではこの字面通りの謙虚な姿勢だったのですが、最後の最後にハリスをブチぃ!!

案の定、、、
切っていったヤツが気になり、またまた釣糸を垂れる羽目に。はて何匹釣った?? 今日は釣行何日目?? w(゚o゚)w

完全に感覚が麻痺してます!!

しかし、こんなに活性の高い魚に出会うのは何年振りだろう、、、そうだ、山田ダム用の太仕掛けで狙ってみよう。以前好んで使っていた組み合わせ、"道糸3号・ハリス2号・針20号"を久し振りに試してみることにしました。

Dsc_0063_2

久しく見ていなかった20号、マダイの針よりさらにデカイ!! (@Д@;

"短竿+小振りのナイターウキ+デカ餌"という組み合わせ、、、使ってみると分かるのですが非常にバランスが悪いのです。餌を軽く作る必要があり、これが出来ないとウキは沈没してしまいます。

軽く柔らかく、そこそこバラけ、さらに芯残りする  ← これが実に難しい!!
作り方を思い出しながら当時の餌を再現し、これまでと同時刻に餌打ちを開始しました。

毎日誰かが餌を打っているせいか、当たり始める時間が日に日に早くなって数投目から触りがあります。20時過ぎには早くも1枚目をゲット、その後も消し込みアタリで釣れ続きます。

活性がピークに達した時など、餌の重みでウキが沈没したかと思い空アワセをしたら釣れていたみたいな、、、20号の針を咥えて走っていく、まさに管理池状態になりました。

結局23時まで頑張って、39~44㎝を計7枚。
忙し過ぎて写真を撮るヒマがないという、実に贅沢な釣り。(o^-^o)

魚が集まり過ぎたのか、尺半クラスは出ませんでしたが、大好きな"短竿+朝棚+消し込み"の釣りが満喫できた釣行となりました。

2013年12月 1日

怒涛の1週間-その9

日時:10月10日(木) 天候:晴れ 気温:23℃

心配された台風は大雨を降らすことなく去って行きましたが、そこそこ雨量は観測されていましたので時合いが継続しているか心配していたところ、

魚、まだいてるでー!!

と釣友からの連絡。今日は何を試そうか、思いを巡らせながら現地に向かいました。

Dscn0768

昨晩リリアンを飛ばされたこともあって、釣友の彼も連続出勤。
彼に遅れること2時間、仲良く!? 向かい合って餌打ちを開始しました。

ワンドの魚を一網打尽じゃ~~

しかし餌打ち2時間、、、魚はこちらの餌には興味を示しません。釣友は竿を絞っていますが、釣れ続くこともないよう。こちらが負けじと餌打ちするので、魚があたふたしている感じなのです。

お互いに邪魔をしているな、、、Σ(゚д゚;)

そう感じていた21時過ぎ、「昨日も遅かったし、そろそろ帰るわ」との釣友の一言。ワンドの魚を独り占め出来ることになりました。

彼が対岸で餌打ちを止めた途端、予想通りこちらのウキが軽快に動き始めました。

Dscn0733_2

その後は釣っても釣ってもウキの動きは止まることなく、夜中の1時過ぎまで粘って42cmを頭に計5枚の釣果。

期待した尺半上は出ませんでしたが、この一週間もう十分過ぎるほど遊ばせて貰ったので、このシリーズは終わりにしようかと思ったその時、、、また翌日も竿を出すことになる出来事が起こってしまったのです!! w(゚o゚)w

2013年11月11日

怒涛の1週間-その8

日時:10月9日(水) 天候:曇り時々雨 気温:21℃

4d3a6748

20時過ぎ、自宅でビールを飲んでいると釣友からメールが、、、

45.8cm、9尺カッツケで釣れた♪

なんと昨日の実績よりさらに短い9尺!!  もっと手前を回遊してる???

そして、その20分後、、、

リリアン飛ばされたー(泣)

さらに大型が回遊してきた!? えーぃ、こうなったら時合落ちまで付き合おうじゃないか、、、翌日の出撃確定!! 釣りバカが最大に加速した瞬間でした。w(゚o゚)w

(この日は0時30分までで、計6枚の釣果だったそうです。)

«怒涛の1週間-その7